日本キリスト教会 府中中河原伝道所

Church of Christ in Japan      Fuchu-Nakagawara Church

日本キリスト教会
府中中河原伝道所

Church of Christ in Japan
Fuchu-Nakagawara Church
栄光が神に永遠にありますように、アーメン。
(ローマの信徒への手紙11章36節)

   
教会ホームページへようこそ!
日本キリスト教会府中中河原伝道所は、東京の西、府中の地に立てられたプロテスタントの教会です。伝道開始30周年を迎えた2015年、新会堂を建設し、「家の教会」から「地域に開かれた教会」への転換期を迎えています。大切にしているのは、次の四つの柱です(→図解.pdf
 
 礼拝中心の「交わり」
 祈りと告白の「教え  
 福音(良い知らせ)の「伝道」
 神と人への愛の「奉仕」  
 
初めての方は、毎週日曜日午前10時30分から行われる礼拝にいらしてください。礼拝に「参加資格」などは一切なく、子どもから大人まで、どなたでもご自由に出席していただけます(→週報/礼拝内容.pdfこどもかい.pdf
 
とはいえその前に、一般に「敷居が高い」と言われる教会を知るための、小さな窓口として、まずはこのホームページをご活用くださると幸いです。
 

                   府中中河原伝道所 委員会 

 

最新のお知らせ

 
 7月21日(土)、1945年ヒロシマの被爆体験を語り継ぐ三宅信雄さんをゲストに、地域のこども向けイベント「オープンチャーチ2018」を行いました。主題は「平和の小舟~いまあの時代(とき)を心に刻み、こぎだそう」。内容はこちら
5月20日(日)聖霊降臨主日(ペンテコステ)礼拝をまもりました。その後牧師は、午後2時からの恵泉伝道所の礼拝で、司式・説教の奉仕をしました。
4月1日(日)午前10時30分から復活主日(イースター)礼拝を行いました。礼拝後、入会者を迎えてイースター感謝会を行いました。
 3月20日(火)~21日(水)、浦和教会において第67回定期東京中会(関東圏47教会による長老会議)が行われました。
3月26日(月)~28日(水)、東京中会高校生部U-19修養会が行われます。詳細はこちら→2017年度第二回修養会案内pdf2017第二回 U-19修養会 申込書.xls
 2月10日(日)、函館相生教会の久野牧(のぞむ)牧師をお迎えして、特別礼拝および伝道集会を行いました。翌11日(月・休)には、当伝道所で初めての教会修養会を行いました。詳細はこちら→2018伝道集会_修養会.pdf
1月28日(日)礼拝後に2018年度定期総会を行いました。伝道所委員として秋山忠夫、玉山美保子が再選され、本年度中に独立教会建設を目指すことが確認されました。
1月22日(月)~24日(水)に香港で行われる改革教会世界共同体(WCRC)東北アジア部会(NEAAC)総会・神学協議会に牧師が出席しました。
1月9日(火)、明治学院大学横浜キャンパスのチャペルアワーで当伝道所牧師がお話をしました。
12月24日(日)待降節第四主日に、降誕節(クリスマス)礼拝→pdfを行いました。説教題は「御子(みこ)にかがやく神の恵み」。礼拝後に、子どもたちのペープサート(紙人形劇)を観てお祝いしました。
11月12日(日)、東京中央伝道所の礼拝奉仕(中会応援伝道)で牧師が不在のため、渡辺信夫教師(前東京告白教会牧師)が説教をしてくださいました。
 10月5日(木)~11月30日(木)の木曜祈祷会は、宗教改革500年記念の祈りと学びの会としました。また、10月29日(日)と11月5日(日)の礼拝を宗教改革500年記念礼拝としてお祝いしました。詳細は→こちら
 9月24日(日)午後1時15分から、久保義宣牧師(東京中央伝道所)をお迎えして講演会を行いました。主題は「日本キリスト教会憲法・規則にみる教会」でした。
 7月29日(土)、地域のこども向けイベント「オープンチャーチ2017」を主催しました。協賛の一般社団法人ヴィフ・パン工房Lapin*らぱん*さんをはじめ、各方面からのお支えに感謝いたします。
 6月29日(木)~7月7日(金)にライプツィヒで行われた改革教会世界共同体(WCRC)第26回総会に牧師が出席しました(報告→月報9月号2面.pdf