日本キリスト教会 府中中河原教会

Church of Christ in Japan      Fuchu-Nakagawara Church

日本キリスト教会
府中中河原教会

Church of Christ in Japan
Fuchu-Nakagawara Church

牧師室

Paster’s Room

  こんにちは、 牧師の大石周平です。2009年までの3年間、「多摩集会所」時代もここで働いていましたが、留学のため休職し、2014年に東京(府中)に戻ってきました。よろしくお願いします。
 
 最近、長女の読んでいた歴史まんがに「古代って、そんなに遠い時代なのだろうか」とありました。「あの星をごらん、数万年も前に放たれた光が、今を照らしているんだ」。改めて聞くと感慨深いものがあります。
 
 わたしは、昔むかしにヘブル語・アラム語・ギリシア語で放たれ、今に届く聖書の言葉を、新しく取り次ぐお仕事をしています。いにしえの王、祭司、預言者が伝えた神の言葉や、弱く貧しい民が祈り歌った信仰の声また声が、星の光のように今輝いている。なんだか世界も違って見えてこないでしょうか。 神の言葉が「むかしも今もとこしえに生きている」ことを、みなさんと共有したいと思います。
 
 いえ、私は夜空は好きでも、ロマンチックな方ではありません。世の中にある現実の悲惨や痛み、ひいては「生きづらさ」が軽視できません。そこで教会では、暗闇の深さや死の怖さ、罪の問題についても率直にお話します。そのうえで、いっしょにお祈りしながら、「疲れた者、重荷を負うものは、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう」と声をかけてくださるイエスの許に身を寄せるのです。
 どうぞ、月刊の教会報に載せた聖書メッセージを牧師のブログに上げますので、時間のある方はお読みください。また、コメント欄でお声かけください。備えられている出会いに感謝し、上よりの祝福を心から祈りつつ。

牧師略歴        

1979
福岡市出身

2006
日本キリスト教会神学校卒業

2006~2009
柏木教会伝道師として多摩集会所
(当時)で奉仕

2009~2014

スイス・チューリヒ大学留学  
(神学部博士課程・旧約聖書学)

2014~現在
府中中河原伝道所/府中中河原教会牧師
日本キリスト教会大会渉外委員
中会教育交流部委員
(2019年現在青年担当委員)

2019春~
日本キリスト教会神学校講師
明治学院大学非常勤講師

 
 
 
 
 

著訳書等
  
2012/13 連載 「歩いて体感!宗教改革①~⑦」(キリスト新聞社「ミニストリー」vol13~19)
2013 共著 『カルヴァンと旧約聖書』(カルヴァン・改革派神学研究所編、教文館)
2014 訳書

ニクラウス・ペーター著『信仰のいろはをつづる』(フラウミュンスター教会説教集Ⅰ、一麦出版社)

2015 論文 「ダビデを記念して(一)~サムエル記下23章1節における王の称号を釈義する」(「教会の神学」第22号、日本キリスト教会神学校)
2015 絵本 ラヘル・ニーフェアゲルトさく『ちゅりこのはっけん、チューリッヒ』
2016 論文 「ダビデを記念して(二)~サムエル記下23章2~4節における預言者と知恵の表象」(「教会の神学」第23号、日本キリスト教会神学校)
2017 論稿 「ユダヤ教からカルヴィニズムへ~改宗ユダヤ人イマヌエル・トレメリウスの覚書」(キリスト新聞社「ミニストリー」vol33)
2017 監修 「ルターの宗教大改革」(聖書コレクション〔カードゲーム〕、キリスト新聞社)
2018 論文 ダビデを記念して(三)~サムエル記下23章5節の連語句berit ’olam(常しえの契約)」(「教会の神学」第25号、日本キリスト教会神学校)
2018 翻訳 ニコル・クロプカ「カルヴァンの『ローマ人への手紙註解』献呈辞とCONSENSUS PIORUM」(「教会の神学」第25号、日本キリスト教会神学校)
2019 論稿 「詩編20編」(『説教黙想アレテイア』第104号、日本キリスト教団出版局)
2019 共訳著 「いま、宗教改革を生きる―耳を傾け共に歩む―」(NCCドイツ語圏教会関係委員会編、いのちのことば社)
2019 論稿 「詩編42-43編」(『説教黙想アレテイア』第105号、日本キリスト教団出版局)