日本キリスト教会 府中中河原伝道所

Church of Christ in Japan      Fuchu-Nakagawara Church

日本キリスト教会
府中中河原伝道所

Church of Christ in Japan
Fuchu-Nakagawara Church

教会の歩み

History

 
 2009年12月に日本キリスト教会「府中中河原伝道所」として、府中中河原の地に教会を開設しました。 
 
 2015年には現在の場所に新会堂を建設しました。
京王線中河原駅から徒歩10分のところにある赤い屋根が特徴の教会です。
 

 

 

 

 沿革
柏木教会の地域集会として

1985年

柏木教会の家庭集会として会員宅にて集会が始まった。

1991年

柏木教会60周年記念事業として、開拓伝道を目指す「多摩地域集会」となった。

2001年8月

開拓伝道の拠点となる旧会堂を取得し、多摩集会所献堂式を行った。

2002年4月

毎月第二主日に礼拝を開始した。
 

 
  
 
 

多摩集会所時代の会堂

 


  

  

中河原伝道所の旧会堂

 
 

伝道所開設式の様子

 

府中中河原伝道所の開設

2004年4月

毎主日に礼拝を開始した。教師 桑原 昭が応援牧師として奉仕した。(2006年3月まで)

2006年4月

教師試補 大石 周平が柏木教会の伝道師として奉仕した。(2009年3月まで)

2009年4月

教師 大浦 勝が応援牧師として奉仕した。

2009年10月

多摩集会所総会により伝道所開設を決議した。

2009年12月

「府中中河原伝道所」開設式を行った。
教師 大浦 勝が牧師として中会より派遣された。
 

 

府中中河原伝道所の開設

2004年4月

毎主日に礼拝を開始した。教師 桑原 昭が応援牧師として奉仕した。(2006年3月まで)

2006年4月

教師試補 大石 周平が柏木教会の伝道師として奉仕した。(2009年3月まで)

2009年4月

教師 大浦 勝が応援牧師として奉仕した。

2009年10月

多摩集会所総会により伝道所開設を決議した。

2009年12月

「府中中河原伝道所」開設式を行った。
教師 大浦 勝が牧師として中会より派遣された。
 

  

中河原伝道所の旧会堂

 
 
 
 

伝道所開設式の様子

 
 

府中中河原伝道所の新会堂建設

2012年5月

定期委員会において、会堂建築に関する協議を開始し、会堂建築委員会を設置した。

2014年4月

教師 大石 周平が牧師として中会より派遣され、新会堂建築用地(現会堂の土地)を取得した。

2014年10月

新会堂建設に向けて、㈱ジョイ建築設計事務所、㈱ペテロ建設に設計・建築を依頼した。

2015年5月

新会堂ではじめての礼拝をペンテコステ礼拝として守った。

2015年6月

新会堂の献堂式を行った。

2015年7月

地域に開かれた教会として「オープンチャーチ」を開催した。

 

 

牧師 大石周平 牧師就職式の様子

 

 

中河原伝道所の新会堂(現在)

 

献堂式の様子